Menu Close

想いのある人が立ち上がり、
今ある空間を工夫して、街の未来のための居場所をつくる。

あらたな居場所が生まれると、街全体の空気も変わっていきます。
それが、エリアリノベーション。

ひとつの場から、街全体の活力へ。
これからの街のために、この街だからできること、はじめてみませんか。

大田区と東京急行電鉄株式会社は「地域力を活かした公民連携によるまちづくりの推進に関する基本協定(基本協定)」のもと、大田区全体の価値向上を目指して、地域住民、不動産オーナーなどまちの人を主役として、活動をサポートします。
地域主体の活動を広げることで、空き家対策、産業振興などの地域課題を複合的に解決していきます。
そのモデル地区として池上駅周辺エリアから、池上エリアリノベーションプロジェクトとしてスタートしていきます。

大田区と東京急行電鉄株式会社は「地域力を活かした公民連携によるまちづくりの推進に関する基本協定(基本協定)」のもと、大田区全体の価値向上を目指して、地域住民、不動産オーナーなどまちの人を主役として、活動をサポートします。
地域主体の活動を広げることで、空き家対策、産業振興などの地域課題を複合的に解決していきます。
そのモデル地区として池上駅周辺エリアから、池上エリアリノベーションプロジェクトとしてスタートしていきます。

ABOUT PROJECT

池上エリアリノベーションプロジェクトは、地域資源を活用した新しいまちづくりです。まず、池上エリアに眠っている地域資源を見つけ出し、その魅力を伝えることから始まります。
そこから空き家や低・未利用の公共施設など、さらなる地域資源を見つけ出し、持ち主となるオーナーにはその使い方のアイデアを、何かを始めたいと考えているプレイヤーにはそれに応じた場所の情報を提供します。
そして、新たなプロジェクトをともにつくるパートナーとしてつなぎ、事業化やPRをサポート。小さな経済圏から活発にすることで、街全体の活力へつなげていく仕組みです。

Photo:Koichi Tanoue

ABOUT SANDO

BY WEMON PROJECTS

旧参道の入口にあたる場所に、池上エリアリノベーションプロジェクトの推進拠点としてカフェを兼ねたスペース「SANDO BY WEMON PROJECTS(さんど ばい ゑもんぷろじぇくつ)」を開設いたします。運営パートナーには、アーティストユニットL PACK.と建築家 敷浪一哉氏を迎え、カフェの運営のみならず、地域資源の発掘・発信に取り組みます。

L PACK.
小田桐奨と中嶋哲矢によるユニット。「コーヒーのある風景」をきっかけに、まちの要素の一部となることを目指すプロジェクトを各地で展開する。美しくて芯のある日用品店「DAILY SUPPLY SSS」を運営。
敷浪一哉
シキナミカズヤ建築研究所代表。人の感情や行動から導きだされた空間に余白やズレ、素材感などの雑味を加えることで「毎日飽きない居心地の良さ」を研究する。美しくて芯のある日用品店「DAILY SUPPLY SSS」を運営。

JOIN US

空き家の使い道を検討している、地域で何か始めたいと考えている、
まちづくりに関心があるなど、さまざまな方をお待ちしています。
まちづくりの主役は、みなさんです。

プレイヤー
池上でお店を持ちたい、事業を興してみたいなど、何かを始めてみたい全ての方。池上に住んでいても住んでいなくても構いません。大事なのは池上のまちへの想い。
オーナー
池上に使わない空き家がある、持て余しているものがあるなど、眠っている地域資源をお持ちの方。池上のまちのために、活用してみませんか?
気になっている人
池上が気になっている、新しく何か始める自信はないけど、池上のまちづくりにかかわってみたい、そんなウズウズしてしまったあなた。

池上でおきている街の動き

2017年3月
リノベーションスクール@東急池上線開催
池上周辺エリアにおけるリノベーションを活用したまちづくりの一環として開催。全国から参加者が集まり、エリアの不動産を活用した事業プランが提案されました。
2019年3月
大田区×東急電鉄 公民連携基本協定締結
大田区全体のまちづくりに向けて、大田区と東急電鉄が公民連携基本協定を締結。「池上エリアリノベーションプロジェクト」と称して、取り組みが本格始動。
2020年度
池上駅開発計画
地上5階建てとなる駅ビルは、門前町の趣を感じさせる外観とし、まちのさらなる発展に資する拠点として、保育園や区立図書館、店舗など、地域に求められる生活支援施設の導入を計画しています。
想いのある人が立ち上がり、
今ある空間を工夫して、
街の未来のための居場所をつくる。
あらたな居場所が生まれると、
街全体の空気も変わっていきます。
それが、エリアリノベーション。
ひとつの場から、街全体の活力へ。
これからの街のために、
この街だからできること、
はじめてみませんか。
大田区と東京急行電鉄株式会社は「地域力を活かした公民連携によるまちづくりの推進に関する基本協定(基本協定)」のもと、大田区全体の価値向上を目指して、地域住民、不動産オーナーなどまちの人を主役として、活動をサポートします。
地域主体の活動を広げることで、空き家対策、産業振興などの地域課題を複合的に解決していきます。
そのモデル地区として池上駅周辺エリアから、池上エリアリノベーションプロジェクトとしてスタートしていきます。

ABOUT PROJECT

池上エリアリノベーションプロジェクトは、地域資源を活用した新しいまちづくりです。まず、池上エリアに眠っている地域資源を見つけ出し、その魅力を伝えることから始まります。
そこから空き家や低・未利用の公共施設など、さらなる地域資源を見つけ出し、持ち主となるオーナーにはその使い方のアイデアを、何かを始めたいと考えているプレイヤーにはそれに応じた場所の情報を提供します。
そして、新たなプロジェクトをともにつくるパートナーとしてつなぎ、事業化やPRをサポート。小さな経済圏から活発にすることで、街全体の活力へつなげていく仕組みです。

ABOUT SANDO

BY WEMON PROJECTS

Photo:Koichi Tanoue
旧参道の入口にあたる場所に、池上エリアリノベーションプロジェクトの推進拠点としてカフェを兼ねたスペース「SANDO BY WEMON PROJECTS(さんど ばい ゑもんぷろじぇくつ)」を開設いたします。
運営パートナーには、アーティストユニットL PACK.と建築家敷浪一哉氏を迎え、カフェの運営のみならず、地域資源の発掘・発信に取り組みます。
L PACK.
小田桐奨と中嶋哲矢によるユニット。「コーヒーのある風景」をきっかけに、まちの要素の一部となることを目指すプロジェクトを各地で展開する。美しくて芯のある日用品店「DAILY SUPPLY SSS」を運営。
敷浪一哉
シキナミカズヤ建築研究所代表。人の感情や行動から導きだされた空間に余白やズレ、素材感などの雑味を加えることで「毎日飽きない居心地の良さ」を研究する。美しくて芯のある日用品店「DAILY SUPPLY SSS」を運営。

JOIN US

空き家の使い道を検討している、地域で何か始めたいと考えている、まちづくりに関心があるなど、さまざまな方をお待ちしています。まちづくりの主役は、みなさんです。
プレイヤー
池上でお店を持ちたい、事業を興してみたいなど、何かを始めてみたい全ての方。池上に住んでいても住んでいなくても構いません。大事なのは池上のまちへの想い。
オーナー
池上に使わない空き家がある、持て余しているものがあるなど、眠っている地域資源をお持ちの方。池上のまちのために、活用してみませんか?
気になっている人
池上が気になっている、新しく何か始める自信はないけど、池上のまちづくりにかかわってみたい、そんなウズウズしてしまったあなた。

池上でおきている街の動き