運営主体について

池上エリアリノベーションプロジェクトは、大田区と東京急行電鉄株式会社が共同で運営しています。大田区と東京急行電鉄株式会社はこれまで、地域課題の解決や地域の活性化を目指し、様々な形で連携した取り組みを展開してきました。

平成29(2017)年3月に東急電鉄が主催(大田区が後援)した「リノベーションスクール@東急池上線」を端緒として、双方の強みを活かしたまちづくりの必要性や、駅を中心とした総合的なまちづくりについて、両者で検討を重ねてきました。

今般、「地域力を活かした公民連携によるまちづくり」を共同で推進するために、基本協定を締結し、そのモデル地区として池上エリアリノベーションプロジェクトとして運営していきます。

<公民連携基本協定について>

基本理念
駅を中心とした地域の持続的な発展に向け、双方の強みを活かし、多様な視点から総合的なまちづくりを推進する。

目的
①地域住民の生活利便性の向上
②ものづくり、商業、観光等の地域産業の活性化
③多文化が共生する国際都市としての魅力向上
④区民の主体性を活かした持続可能なまちづくり

主な対象エリア
大田区内における東急電鉄の沿線地域

取組事項
①大田区が定めるまちの将来像※を実現するための具体的な取組方針の策定
②地域資源の発掘とプロモーション
③地域の自立的な発展に資するまちづくり人材の育成
④空き家、空き店舗等の遊休資産のリノベーション等による地域活性化
⑤公共施設(建築物、公園、道路等)の活用策の検討
⑥駅周辺に求められる都市機能の検討 など

池上エリアリノベーションプロジェクトは、大田区と東京急行電鉄株式会社が共同で運営しています。
大田区と東京急行電鉄株式会社はこれまで、地域課題の解決や地域の活性化を目指し、様々な形で連携した取り組みを展開してきました。
平成29(2017)年3月に東急電鉄が主催(大田区が後援)した「リノベーションスクール@東急池上線」を端緒として、双方の強みを活かしたまちづくりの必要性や、駅を中心とした総合的なまちづくりについて、両者で検討を重ねてきました。
今般、「地域力を活かした公民連携によるまちづくり」を共同で推進するために、基本協定を締結し、そのモデル地区として池上エリアリノベーションプロジェクトとして運営していきます。

公民連携基本協定について

| 基本理念
駅を中心とした地域の持続的な発展に向け、双方の強みを活かし、多様な視点から総合的なまちづくりを推進する。
| 目的
①地域住民の生活利便性の向上
②ものづくり、商業、観光等の地域産業の活性化
③多文化が共生する国際都市としての魅力向上
④区民の主体性を活かした持続可能なまちづくり
| 主な対象エリア
大田区内における東急電鉄の沿線地域
| 取組事項
①大田区が定めるまちの将来像※を実現するための具体的な取組方針の策定
②地域資源の発掘とプロモーション
③地域の自立的な発展に資するまちづくり人材の育成
④空き家、空き店舗等の遊休資産のリノベーション等による地域活性化
⑤公共施設(建築物、公園、道路等)の活用策の検討
⑥駅周辺に求められる都市機能の検討 など